【STEP3-多読2】英語学習初心者に、面白くて読みやすいオススメの洋書7選

こんにちは、CANAAです!

さて、以前リーディングの強化法として「多読」とは何かお話しました。
あなたにとって、「簡単だと思う」単語が並ぶ文章を読んで、英語を英語のまま理解するスピードを早めていきましょうというお話でしたね。

英語学習をしていると、どうも背伸びをしがちというか、自分のレベルより高いものを読まないとレベルアップしない気がしてしまうのですよね。

わたしはまさにそうでした。

わたしの英語の勉強の目的は、

1.英文の記事が読めるようになりたい。(ニュースや文献など)
2.できれば外国の人とスムーズに会話できるようになりたい。

ってかんじでした。

なので英単語を勉強しつつ、いきなり頑張って英語の記事を読んだりしていたわけです。

でも。

繰り返しますが、
多読には、楽勝で読めると思うものを選びましょう!
62f98a439bee364e0fc3b2ac9a4929c7_s
今回は、まだ英語学習初心者の方に向けて、多読用の洋書を選んでみましたので参考にしてくださると嬉しいです☆

[STEP3 : リーディング学習]
【STEP3-多読1】大切なのはあなたが今出来る「簡単な文章」で「多読」すること
【STEP3-多読2】英語学習初心者に、面白くて読みやすいオススメの洋書7選(このページ)
洋書を開く前に読み方のコツを学ぼう!初心者向け読書の4つのコツ
ネイティブ思考を身につけたい!速読にオススメのスラッシュリーディング教材
気楽な気持ちで英語の記事を読もう!おすすめウェブメディア

多読用の本は、まずは楽しんで読める洋書を選んでみよう

私も英語力を伸ばすために、児童書の洋書を良く読みました。

今後子どもができて、読み聞かせるのにも良いかも〜と思いながら、皆さんのお役に立てるように選んでみました。

Kindle版ではタップするだけで単語の意味が出て来ますし、多いに活用してみると良いと思います☆

1.Marvin Redpost  レベル:★☆☆☆☆

 「Marvin Redpost シリーズ」

全7巻で完結するネイティブ幼児用の小説です。

Marvinという男の子が奮闘する、日常にありそうなシーンをハートウォーミングな結末で締めるという素敵な物語です。かーわいーんですよー。

シリーズ7作目では、全てのエピソードが一つに絡み合い、クライマックスに繋がっていストーリー、7作目は特に完成されていて面白く読めますよ!


子どもだけでなく、大人も楽しめる本です!

どのレベルから読めば良いか分からない方は、ひとまずこのシリーズを読んでみてはいかがでしょうか〜?Kindle版もあります☆

2.There’s a Boy in the Girls’ Bathroom レベル:★☆☆☆☆


There’s a Boy in the Girls’ Bathroom

読むのを止められなくなる感覚を味わった小説。不器用な主人公のブラッドリーの心の中を覗くと、自己否定と孤独が胸を締め付けているのが分かるのです。

子ども向けとは言え、この本を読んでいると、自分をふと見つめなおすきっかけになるかも!
最後は泣けます。。むちゃくちゃオススメ!

3.Charlotte’s Web レベル:★★☆☆☆

 Charlotte’s Web

アメリカでは、この話を知らない人はいないというくらい人気のある子供向けのお話です!

心の描写が細かくて、悲しい場面では本当に泣きたくなるくらい悲しくなり、温かい気持ちになる場面では、心の芯からポカポカしてきます。

内容は比較的簡単ですが、農場用語、動物・虫の名前など日本人になじみのない英単語がでてきます。
こちらも感動的なストーリーで、大人も楽しめる内容です!




4.Someday Angeline レベル:★☆☆☆☆

主人公のアンジェリンは天才少女。よくある天才少女物とちょっと違うのは、「天才ってどういうことか」と、大人の心にも響いてくるというところ!

天才が背負う宿命が小学校を舞台に面白おかしく描かれています。
親子の愛が描かれた名作です☆

5.Dogs Don’t Tell Jokes レベル:★★☆☆☆


Dogs Don’t Tell Jokes

大笑いする場面が多々。でもそのジョークがちょっと掴みにくいかもしれません。

最後のシーンに涙して、読み終えた後は爽快な気分になります!

6.The Boy Who Lost His Face レベル:★☆☆☆☆


The Boy Who Lost His Face

主人公に次々と降りかかる不運を乗り越えていく過程で主人公が内面的に成長していくさまが描かれています。

子供の視線で物語が生き生きと描かれていて、つい主人公を応援してしまうような物語です。

7.Walk Two Moons レベル:★★☆☆☆


Walk Two Moons

主人公の13歳の少女が祖母と一緒に失踪した母親を探しに行く物語です。
泣けて泣けて。。。そして衝撃のラスト。。。

冒頭部分は少し抽象的な感じでイメージが掴みづらいかもしれませんが、読み進めていくと終わりが気になって気になってしょうがなくなります!



NHKラジオエンジョイ・シンプル・イングリッシは激アツ!Kindle版をつかいこなせ

洋書ではないけれど、初心者向けの英文読書練習用の教材としてNHKラジオ講座テキストの「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」がとっても良い!

簡単な英語でできたショートストーリーが何本が読めます。単語はページの後ろにまとまっていますのでストレスフリーで学習出来ますよ。
(余談ですが、カバーデザインが変わってとっても好みです☆)

Kindle版も出ていますので多いに活用すると良いと思います。

たくさん読んで「読み通した!」という数をどんどん増やして自信をつけていくのはとっても大事です!

最後に

英語学習初心者の方向けに、多読に適した洋書をご紹介してきました〜。洋書を読んでみたいと思った方は、まず読書のコツを学んでからにしてくださいね☆

次回は中級レベルのものを紹介したいと思っています!上記の洋書を一つでも購入して、あなたのレベルに適しているかどうか、試してみてください!

また、このブログは英語初心者の方のための、「3か月で英語をマスターする!」という目的のためのブログです。
「そんな馬鹿な」と思う方は、ぜひ下記の記事から読んでみてください!

それではまた!CANAAでした〜☆




関連ページ

【STEP3-多読1】大切なのはあなたが今出来る「簡単な文章」で「多読」すること
洋書を開く前に読み方のコツを学ぼう!初心者向け読書の4つのコツ
ネイティブ思考を身につけたい!速読にオススメのスラッシュリーディング教材
洋書を開く前に読み方のコツを学ぼう!初心者向け読書の4つのコツ
気楽な気持ちで英語の記事を読もう!おすすめウェブメディア

 

↓もしよろしければ拡散していただけるととっても励みになります☆