【STEP2-音読2】英語初心者はまず[筋トレ]!音読オススメ教材3選と&練習法

みなさんこんにちは!CANAAです。
英語初心者の方のための英語独学ブログです。

前回、「音読」が初心者におすすめだという記事を書きました。
音読とは、音声を聞いてから文字を声に出して読むことです。
そうすることで「読む力」「聞く力」「話す力」が強化されるんですね。

英語なんてさっさとマスターしちゃいましょう☆

↓「読む力」「聞く力」「話す力」「書く力」についてはこの記事をご覧くださいー。

今回は音読シリーズ2回目です。

本ブログの音読シリーズ:
【STEP2-音読1】初心者には絶対やってほしい音読とは
【STEP2-音読2】オススメ教材3選と&練習法(このページ)
【STEP2-音読3 】悩んでいたらリエゾンを意識して!

今回は具体的に音読のオススメ教材と練習の方法をご紹介します!

音読をはじめたばかりの頃は、同じ英文を10回ほど読むと口回りがすぐに筋肉痛になると思います。

そうなったらしめたもの!

そのうち口の筋肉が慣れて、スムーズに英語が口から出るようになりますよ〜!

音声付きの教材でしっかりとお手本を聞いてからテキストで文字を追いつつ練習しましょう。

これ以外を購入する理由はない!音読学習を始めるためのオススメ教材3選

英文を音読をするには、どのような英文でも構わないのですが、それが難しすぎるのは問題です。やる気が失せるばかりか、やっていても記憶に残らない可能性が高いからです。

ここでは3つの教材を音読学習のオススメ教材として選びましたが、正直これ以外をわざわざ購入する理由はありません 笑。

英語学習初期段階にはもってこいの逸材!「ぜったい・音読」

英会話・ぜったい・音読 【続・入門編】で音読する文章は、中学校の教科書の中に使われている簡単な英文です。

中学1・2年の教科書の中から、社会人でも興味関心が持てるもの、そして音読に適しているものを選んだそうです。

一見やさしいと感じますが、このレベルの英語でも自由に使いこなせる人はほとんどいないのではないでしょうか。

こちらを繰り返し音読していけば、英語で話すのが楽になって来ますし、リスニングも向上します。

使ってみたことが無い方は一度本書でやってみて、物足りないようなら「標準編」を購入してみましょう。

英語教材をむやみに増やしたくないなら「DUO 3.0」

DUOはリスニング教材になる単語本です。

私がおすすめした3つの英単語教材にも入っているとおり、基礎単語を暗記した後に、足りない英単語はDUOで補うと良いでしょう。

例文がとても優れていてリスニング教材にもとても良いので、むやみに教材を増やしたくない方は、DUOで音読をすると良いと思います。
(私は特に初心者は教材を増やし過ぎない方が良いと思っています)

ただし日常で使うような覚えやすい例文と、ビジネスシーンで使うような少々難しい例文も入っていますので、DUOで音読する方は、難しいと感じたらすっ飛ばしてあくまでも簡単だと思う例文を繰り返し行ってくださいね。

DUO3.0を使った一ヶ月で一周する学習法はこちら

Man with Headphones | Flickr

Photo credit : Man with Headphones | Flickr (SA)

英会話に特化したいなら「七田式英語教材7+English

こちらの教材は、CDの内容に音読する時間が含まれているので、言われるままに学習を進めれば良いと思います。

この教材のすごいところは、日常会話頻出フレーズは60パターンだとして、それに絞って学習を進めるところです!

オススメする人:
・単語を覚えるのが苦痛でたまらないという人
・英語の基礎学力向上より
英会話を覚えたい人

値段がキャンペーンで2万円弱、通常3万円弱なので、多少高く感じるかもしれませんが、英会話の向上に特化して勉強したい方は、たくさんの教材を買うよりはひとつに絞ってやってみても良いのでは?

買ったら浮気しないでずっと続けることが大事です!

別の記事でも七田式英語教材「7+English」について書いていますので参考にしてみてください。

参照:七田式英語教材について。日常会話を独学でマスターしよう

音読の練習法/スケジュール

音読の練習でどちらの教材を使うにしろ、やることは一つ。

「繰り返し音読をする」ということ

特に簡単だと思う例文は暗唱出来るくらいまでやると、スピーキング力が飛躍的に伸びるでしょう。

知らない単語があっても、何度も繰り返すのですぐに覚えられます。

まずはスケジュールを立てる

スケジュール

当ブログでは、英語初心者の方のための、独学で3ヶ月で英語をマスターするための勉強法をお伝えしています。

初めてこちらのブログにいらした方は下記リンクから是非読んでみてください!
参照:英語なんてさっさと終わらせよう!「学習順序」と「数字」にこだわれば初心者でも独学で英語をマスターできる

「音読」の段階に入ったら、最初の三週間は週に一度TOEFL3800のランク1,2 のテストをやりつつ、音読の練習を進めてください。

通勤通学時は単語の復習、家では音読の練習、など、スケジュールに慣れていきましょう。
参照:STEP2に入ったらやるべき一日のスケジュール例

教材を使った音読のやり方は二つ。

1.教材の例文を1ヶ月分で割って一日のノルマを決める

「ぜったい音読」の場合、3ヶ月で終わらせられる仕組みづくりが出来ていますが、それを無視して一ヶ月分で割り、一日のノルマを作り直します。

「DUO」の場合も1ヶ月分で割ってみましょう。

1日あたり18~19例分なのでこれを全部やるのは難しいでしょう。

「難しい」と感じる例文は飛ばしていく、というやり方でやるといいと思います。

DUO3.0を使った音読練習法はこちら

2.教材の例文を1日にやれる分だけ1ヶ月続ける

上記の場合で数をこなそうと頑張りすぎるあまり、やってはいけないポイントは以下のようです。

  1. 例文をたった一、二回だけ音読する
  2. 意味が入ってこないでただ声に出す

音読する際に、一例文を少ない回数だけで、まったく体得していないようでは効果がありません。

音読は、一例文をしっかり10回以上こなすことで習得していくものなので、忙しい方やなかなか進まないという方は、量を多くこなすことではなく、

ひとつひとつをしっかり繰り返し、着実に身になっているかどうか

ということを念頭において練習すると良いでしょう。

音読を頑張ってみて、「上手くやれない」と思ったら、リエゾンを意識して練習してみてください!
参照:練習しても上手くならない…悩んでいたらリエゾンを意識して!

音読を三週間ほど続けて英語口に慣れてきたら、次は「一人カランメソッド」を試してみましょう!

それではまた!CANAA でした☆

オススメ関連ページ

【STEP2-音読1】初心者には絶対やってほしい!自宅で簡単効果的な音読とは
【STEP2-音読3 】練習しても上手くならない…悩んでいたらリエゾンを意識して!
英語漬け!STEP2に入ったらやるべき一日のスケジュール例 実践第4週〜8週目
七田式英語教材について。日常会話を独学でマスターしよう
DUO 3.0を一ヶ月で一周!意外と楽で効果的な英単語学習法
音読やシャドーイングに便利なDUO3.0を使った勉強法|CDの内容を分割する