【STEP2-カランメソッド2】独学でもできる!?一人カランメソッドのオススメ教材と練習法

こんにちは、CANAAです!
前回カランメソッドとは何かということをお話しました。

1. 単語や音読で学んで来たことの実用化
2. 日本語を介さない→反応速度の向上

3. 記憶に定着しやすい

という3つのオススメ理由をお話ししましたね!

カランメソッドは基本的に対話の上で成り立つレッスンとなっており、先生が質問をして、それをフルセンテンスで回答していき、あなたがまた質問をして先生が答える、という仕組みです。綺麗な発音の先生との対話によって、リスニングとスピーキングを同時に強化するのです。

しかし、あなたがスピーキングを強化したいという場合は、独学でも「カランメソッド」という学習法を上手く利用してしまえば良いと思います。自分でやらなければならないので受け身ではいられませんが、簡単なセンテンスであれば問題なく出来ます。

スピーキングのトレーニングは、要は繰り返し話し、慣れて行くということにありますので、一人でカランメソッドをするときは、自分で質問をして自分で直ぐに回答をしていくわけです。

今回は独学でも出来るオススメ教材と、学習方法をお伝えします。

一人カランメソッド!?オススメ教材 2選

本家イギリスのCALLAN METHOD教材 STAGE1

やはり、カランメソッド用に、質問→答え が上手く組み込まれている本家の教材が良いでしょう。カランメソッドのサイト:TEO English (Printed Book & CD english versionがSTAGE1~12まで合計8500円程度(72ポンド)で購入できます(別途イギリスからの送料が4000円ほど)。この教材こそが、ケンブリッジFCEの試験に通常の1/4の時間でパスする事を保証しています!

Amazonにもあります♪

個人的な意見ですが、STAGE2以降のセンテンスは、日常的に使えるセンテンスでない気がします。STAGE2くらいならまだ良いですが3以降はまったくオススメしません。

STAGE1の最初は読んでると幼稚園児クラスで「なめとるんか?」と思ってしまうような内容ですが、まずはやってみてください。最初のうちは結構間違えますし口が全然まわりません。慣れてきたらあなたの身の回りのものでもやってみると良いですよ!

コツは「楽しく」です!!

むやみに教材を増やしたくない人は「English Grammar in Use(グラマーインユース)」

文法の教材にはイチオシのEnglish Grammar in Useですが、何故カランメソッドにも使えるかというと、簡単な会話の例文があるので、それを自分で発展してみるというやり方が出来るからです。

もちろん文法が奇麗なのは疑いようのないことです。しかも例文がとっても面白いのでどんどんやりたくなってくるのがおすすめする理由です。ちょっと感情移入するように演じてみるイメージでもちょうど良いかと思います。

デメリットとしては、やはり例文を自分で探し当てないといけないこと、また自分でその例文を発展させないといけないこと、というのがあるため、少々大変です。

(ちなみにGrammer in Useは、カランメソッドで使わなくても文法の強化にすごく良い教材なので買っていて損はありません!)




一人カランメソッド 練習法

スケジュール

以前お話ししたように、3ヶ月間の勉強スケジュールに沿うと、最初の一週間は、音読と重なっていますので、ゆったりとしたペースで大丈夫です。カランメソッドのStage1でも、Grammar in Useでも、まず準備するべきものとして、簡単な例文を選び一部の単語を違う単語に変えて例文をつくります。3つくらい用意しましょう。

カランメソッドレベルアップの手順

カランメソッドのレベルアップの手順は、簡単に説明すると以下のようです。

“Is this your pen?” という質問に対して、
“Yes, this is my pen.” もしくは
“No, this is not my pen, but Ken’s pen.”
“Yes, this is my pen that my friend gave me.”
“Yes, this is my pen that my friend gave me for my birthday last year.”

と長くなっていくのです。
独学でやっていくということは、これを自分で作っていくという手順が必要なので少々根気がいるのですが、最初は簡単に

“Is this a pen?” という質問に対して、
“Yes, this is a pen.”
“No, this is not a pen. It’s a pencil.”
“Is this a pencil?”
” Yes, this is a pencil.”
” No, this is not a pencil. It’s a pen.”
など、一部単語を変えながらやってみてください。

スマホの録音機能を利用しよう

スマートフォンを使っている方は多いと思います。録音機能ありますよね?
そこにまず質問文を、答える時間だけおいて次の質問を録音しておくと、次から答えるだけで大丈夫です。

もちろん本当のカランメソッドの場合、実物や絵を見ながらしていったりもしますが、そうでないものもたくさんありますよね。

カランメソッドをオススメする理由は、カランメソッドとは徹底的に反復し、英語に反応するスピードを上げる、というやり方だからです。

参照:4倍速で英語をマスター!カランメソッドをおすすめする3つの理由

なので、相手がいなくても練習できると思いませんか??

そのうちカランメソッド用の例文もちょっとずつアップしていく…予定…!?
最初はちょっと大変ですが、頑張ってみてください!

オンライン英会話でカランメソッドをやりたい方はこちらのページを参照してみてください。
カランメソッドが学べるオンライン英会話徹底比較

※以下追記

一人カランメソッド に自信がないときは七田式英語教材7+English

色々教材を調べてみましたが、一番カランメソッドに近くて独学できる教材は七田式英語教材かな、と思います。

七田式英語教材は、60パターンのフレーズに絞って、それぞれのフレーズに異なる熟語を入れ替えて練習できるんです。カランメソッドの例文みたいですよね?

質問が飛んで来ないのでカランメソッドとは相違がありますが、独学でのスピーキング向上にはとっても良い教材なのではないかと踏んでいます。

もちろんこの教材を使わなくても練習はできるので買わなくてもよいですが、今のところ初心者の方の「日常会話レベル」のスピーキングの練習には一番オススメしたい教材です。

参照:七田式英語教材について。日常英会話を独学でマスターしよう

それではまた☆CANAAでしたー!




関連ページ

【STEP2-カランメソッド1】4倍速で英語をマスター!カランメソッドをおすすめする理由【STEP2-カランメソッド3】本物のカランメソッドを教えられるのはここ!オンライン英会話徹底比較
七田式英語教材について。日常英会話を独学でマスターしよう