【STEP2-カランメソッド1】4倍速で英語をマスター!カランメソッドをおすすめする3つの理由

音読の練習を一通りやってみて感想はいかがでしょうか?以前と比べ英語口になったと思いませんか?独学で英語をマスターするための3ヶ月間の勉強スケジュールは以下の図の通りです。

スケジュール
音読に慣れたところで、今回はカランメソッドについてお話します。

カランメソッドとは、イギリス発祥の学習方法の考え方で、「ダイレクトメソッド(直接教授法)」と呼ばれているものです。通常の4倍速のスピードで英語をマスターできるというものです。

徹底的な反復練習で英語に反応するスピードを上げる

a17569eb8832885a4d7dafa82bff3f8a_s
カランメソッドのサイト:TEO English (Printed Book & CD english versionでSTAGE1~12まで合計8500円程度で購入できます(別途イギリスからの送料が4000円ほど)。この教材はケンブリッジFCEの試験に通常の1/4の時間でパスする事を保証しています

Amazonにもありました↓

(個人的にはSTAGE1は「買い」ですが、その後のSTAGEはセンテンスが難しいというか、日常的に使えそうにないセンテンスが多く、途中でやりたくなくなりました。)

何故そんなことが可能なのかというと、徹底的に反復し、英語に反応するスピードを上げる、というやり方だからです。

カランメソッドの練習方法というのは、一方が質問をして、一方はそれにフルセンテンスで答えるというシンプルなものです。これを交互に、徹底的に繰り返し行うことで、体得していく方法なのです。

例えば、一方が鉛筆を持って、Is it a pen? と聞きます。そしてもう一方は No, it is not a pen, it’s a pensil. とフルセンテンスで答えるのです。考える隙もないくらいのスピードでやっていくため自ずと英語に対する反応速度が上がっていきます

英語脳に切り替わるのが格段に早くなる

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s
「英語脳」という言葉をご存知でしょうか?

日本語になれ親しんでいる私たちは、英語を聞くと「英語⇒日本語に一度変換してから、英語で話す」という流れで会話してしまうため、英語で話しかけられると、答えるのにしどろもどろになってしまうのです。
しかし、このカランメソッドで練習すると、英語脳に切り替わるのが早くなります

基本的には、発音の奇麗な先生と2人一組で行うものですが、こと「話す」ことが苦手な方は、お友達同士でも良いですし、教材があれば一人でも出来ます
動画がないか、色々調べてみたのですが、なんかちょっと違うものばかり。。生徒が質問に答えるだけじゃだめなんですよ。

下記の動画がとっても分かりやすい。


ちょっと焦りませんか。。?
それが良いのです 笑

カランメソッドをオススメする3つの理由

単語や音読で学んで来たことの実用化

私がカランメソッドをオススメする理由は、実際の会話で瞬時に・正確に使えるようにするためのトレーニングになるからです。単語をある程度覚え、音読で口の筋肉をトレーニングした後は、「流暢に話せるようになるためには、何かもう一つ別の練習が必要だな」と感じていたのですが、カランメソッドを受けてみて、その溝を埋めるトレーニングになりそうだと感じました。

ボキャブラリーがなさ過ぎる人、リスニングもあまり得意じゃない「超初心者」には難しい学習法なので、きちんと土台作りをしてからカランメソッドに入るととても効果的です。

日本語を介さない→反応速度の向上

カランメソッドは、英語の質問に英語で、しかも瞬時に答えるトレーニングです。

その分ハードルは高いですが、日本語を介さないので、英語に対する反応速度は高まりますし、カランでトレーニングできる文法・語彙・表現は、瞬時に出てくるようになります

一番最初のSTAGE1のレッスン1の内容は、幼稚園児レベルくらいじゃないかと思うくらい簡単なのですが、瞬時に正確に答えないといけないので、最初はけっこう間違えると思います。

記憶に定着しやすい

カランメソッドの学習法は、質問と答えを何度も繰り返すため、同じ単語・フレーズも何度を使用することになります。そのためとても記憶に定着しやすいのです。口の動きも滑らかになります。

スパルタ練習法!カランメソッドはとにかく英会話向上をしたい方にオススメ!

4b29ede7e39cca572830468f2a8b4e74_s

「伸び悩んでいる」「フリートークに飽きた」

カランメソッドを強くおすすめする理由、4倍速で英語を習得できる理由は、もうお分かりですね。まさにスパルタなやり方です。最初は照れくさいですし、とっても焦りますが、本当に英語を「習得」出来る感じが掴めると思います。

勉強していてもなんかイマイチ足りない、フリートークの会話にも飽きたという人にオススメです。
カランメソッドは、(正確には)奇麗な文法を使ってフルセンテンスで答えるという、普段の会話ではあまりやらない受け答えをしますが、だからこそ、文法も自然と身に付きますし、何か聞かれたときだけでなく、自分から話す力もついていくのです。インプットとアウトプットを同時に出来るのでほんとうにおすすめです。

カランメソッドについてはこちらの書籍も参考にしてみてください↓

次回は独学でトライするカランメソッドのオススメ教材と練習法について
え?カランメソッドって独学でやれるの!?と思った方はクリック☆

関連ページ

【STEP2-カランメソッド2】実践!独学でもできるカランメソッドのオススメ教材と練習法

【STEP2-カランメソッド3】これを選べば間違いない!カランメソッドが学べるオンライン英会話徹底比較

「英語が苦手」は脳の部位同士のつながりのせい?!