英語学習に科学的根拠を。『科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!』

英語学習に科学的根拠を。『科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!』 | StudyHacker
by STUDY HACKER

こんにちは、CANAAです。

先日、『科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!』に関するこの記事を読みまして、なるほどなるほど、やっぱりそうだよな、と思ったものですからこちらでもご紹介致します。

『科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!』(田浦秀幸 著)

練習試合で上達するには基礎的なスキルを磨くこと

まだ本書を読んではいないのですが、life hackerの記事から何が良さそうかというと、以下の文章でした。

最初に鍛えるべきは「読む」「聞く」

最近、耳にすることが多くなった英語学習関連の言葉に四技能(4 skills)というものがあります。
「読む」「聞く」「書く」「話す」の各スキルのことですが、その4つのなかで最初に鍛えるべきは「読む」「聞く」だとして、単にフレーズを覚えたり、いきなり「会話の練習」をするような風潮に警鐘を鳴らします。

by Study Hacker

わたしは、中学・高校時代の英語の勉強のように、やみくもに単語を覚えたりする方法は、間違っていたかと言えばそうではないと思っています。

むやみにアウトプットしようとしても単語を知らなければ話せませんし、書けませんよね。

外国人との会話はいわば「練習試合」。まず基礎的なスキルを磨いておくべき

英語を読む力、聞く力がなければ書いたり話したりすることはできません。読んでも理解できないような内容の文を、自分で書くことができないということを考えれば、これは当然のことですよね。
また、教授曰く、外国人との会話はいわば「練習試合」

練習試合で上達するには、基礎的なスキルをまず磨いておくべきだということを、スポーツにたとえて説明しています

BY Study Hacker

この、「英語を読む力」というのは、英単語を覚えないと貯えられません。

最終的には英語を英語のまま理解するということが理想ということですよね。

「英語を聞く力」というのは、英単語の発音を知らないと聞いても分かりませんし、聞けないものを話すことはできないということです。

聞き流すだけで英語が話せるようになるのは絶対にムリ

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

ですから子供のときのように「聞き流すだけで自然と英語が話せるようになる」というのは絶対に無理だという私の主張も分かってもらえるのではないでしょうか???

(こちらのページもご参照ください。例のアレについて。スピードラーニングの悪評について考察してみた。でも使い方次第だと思う。

まずは基礎!つまり「単語」ですね。

読んですぐに分かる単語を増やすこと、

聞いてすぐに分かる単語を増やすこと。

これが絶対に重要です。

こうした分かりやすい科学的な説明をしてくださるのは大変ありがたいことですね!
一読してみてはいかがでしょう??

基礎が重要だと言うことは分かったけれど…

基礎が重要だということは分かった。

だけど、「どのように勉強して行けばよいか分からない」

という方は、まず私の提案する「3ヶ月で英語をマスターする独学勉強法」を試してみてください。

3ヶ月の具体的なスケジュールの提案をしています。単語を3週間で覚え、リスニング・スピーキング・リーディングの練習を3ヶ月続けることで飛躍的に英語力が向上する方法です!

「どこから手をつけていいか分からない」「どんな教材を使えば良いか分からない」という方は「学習の方法」を理解していないのです。

ここを理解すればあとはただまっすぐ進むだけなので、驚くほど早く英語をマスターできますよ!

気になる方はこのページから順番に読んでみてください。もし「力になりそう」と思ってくださったなら、是非そのまま続けてみてください☆

それでは、また!
CANAAでしたー

関連ページ

1)はじめに / 英語なんてさっさと終わらせよう!「学習順序」と「数字」にこだわれば独学でも英語をマスターできる
4)3ヶ月で英語マスターは正直きつい…! 初心者~中級向け独学英語勉強法3ステップ

↓もしよろしければ拡散していただけるととっても喜びます☆