Can you speak English? は失礼か|Can you〜の使い方を学ぼう

e9ee83c64039dfd8cefa4e11f3347c80_s

非英語圏に海外旅行に行って、道やレストランの場所などを聞きたい。で、声を掛ける。
「Can’t you speak English?」つまり、「英語話せるの?」

この表現は失礼に当たります。まあまあ英語が出来る人でも結構間違って使う人って意外といるのですよ。日本語のニュアンスのまま英語で話すと、失礼にあたってしまうことがあるというお話をしたいと思います。

これって馬鹿にしてる!?「〜できますか?」は「Can you〜」とは限らない

canは、主に「能力」「可能」を現します。

日本語の「できる」と英語の「can」には、基本的に大きな違いはありませんが、日本人は、日本語で使うまま英語に訳して、Can you ~? や I can’t ~.と言う人が多いと思います。canは主に、能力や知識・体力があって「~できる」、条件がそろって「~できる」を表します。

なので、Can you speak English?の場合、「あなた英語を話す能力があるの?」と聞いていることになります。恐ろしい上から目線ですねw

「Do you〜?」は日常的な習慣があるかどうかを尋ねる時に使おう

こういうときは、相手が習慣的にしている事柄かどうかなら、Do you speak English?(英語を話しますか?)と尋ねます。しかし、相手が英語学習中の人だと分かった上で質問するのであればCan you〜?でも構いません。英語を話せるレベルに達しているかを聞いているからですね。

Do you swim?

Can you swim?

二つの意味の違いを考えてみましょう。

Do you swim?の場合、泳ぐ習慣があるかどうかを聞いています。なので答えは

Yes, I swim once a week. 一週間に一度は泳いでいるよ。などになりますね。

Can you swim?の場合は、泳ぐ能力があるかどうか、もしくはケガなどで泳げる状況にあるかどうかを聞いています。

I can swim but I don’t swim. と答える人もいるかもしれません。

その他、お酒や食べ物に関しても、

Can you drink? ではなくて、Do you drink?、Can you eat?ではなくてDo you eat?を使うようにしましょう。

簡単に言うと、「質問する相手のこと馬鹿にしている表現になりそう」と思ったらDo you〜?を使うようにすれば良いと思います。せっかく仲良くなれるチャンスがあるかもしれないのに、こんなことで相手を怒らせることにならないようにしたいですよね。非ネイティブスピーカーであれば、その間違いにさえ気づかないかもしれませんが ^^;

「Can you〜?」は基本的に人に何かを頼む時に使う表現

そもそもですが、Can you 〜?という表現は、人に何かを頼むときに使う表現です。Can you open the door?=ドアを開けることができる?=ドアを開けてくれる?

Can you〜?を使うときって、こういう場合でしかあんまり使われないと思います。あとは馬鹿にしてるときにわざと、とか、苛立っているときに使うイメージです。良く言われるフレーズはCan you hear me?=聞こえてるの?

これは例えば先生が生徒に向かって言うシチュエーションなどが考えられますね。居眠りでもしてたんでしょうかね、先生大分いらついてる感じw

というわけで、Can you 〜?を使いたい状況に出合ったら、まずはそれ以外の表現を考えてみましょう!

「可能」の場合:Is it possible 〜?とか。
「能力」の場合:Is it difficult to 〜? とか。

最後に

このサイトでは、独学で英語を学ぶ方の為に、具体的なスケジュールに基づいて具体的な英語学習方法をお伝えしています。もし宜しければ 1)はじめに / 英語なんてさっさと終わらせよう!「学習順序」と「数字」にこだわれば独学でも英語をマスターできる のページから読み進めてみてください!
お役に立てたら幸いです☆
CANAAでした!

関連ページ

Do you have the time?と Do you have time?の違い

Did you want…? の表現 過去のことを聞いてるんじゃないって知ってた?

1)はじめに / 英語なんてさっさと終わらせよう!「学習順序」と「数字」にこだわれば独学でも英語をマスターできる