4)3ヶ月で英語マスターは正直きついけど…! 3ステップの初心者~中級向け独学英語勉強法

みなさんこんにちは、CANAAです!

以前、英語初心者から中級者の方で独学で英語学習を始めようという方は「英語力を高めるには、学習順序と数字にこだわることが重要」だというお話をしました。

ここでは独学で英語を学習する3ヶ月の学習方法について具体的にお話しますね!

「勉強法を理解」すれば、あとはまっすぐ進むだけなので驚くほど早く英語をマスターできますよ!

もちろんマスターと言っても語学にパーフェクトはありませんが、初心者や中級レベルの方が「英語に困らなくなる」レベルには行くと思っています。

まずは「独学で英語をマスターする」という意味のハードルを下げよう

「英語に困らなくなる」レベルって?

英語に困らなくなるレベルってどれくらいなんだって話ですが、

▶︎「洋画を字幕なしで観る」から「ビジネスシーンで使える英語を身につけるに、

▶︎「ネイティブが使う自然な表現を使いたい」から「英会話で通じればOK」に、

▶︎「一言一句聞き漏らさない」から「全部聞き取れないけれど全体的な文脈は分かる」に、

ハードルを下げちゃえば分かりやすいですよね!?

全然ネイティブと同じように喋れなくても聞き取れなくても、越えたハードルが低くても、日本にいれば十分に上級者の仲間入りですし、普通に外国人と英会話もできます

それに、そこまでのレベルに行けば後の英語の勉強もかなり楽になります。

英語なんて、茂木さんが言うように「とっととやっちゃえば良い」のです!

日本にいながら独学で英語力を向上させ、英語ペラペラになりましょう!

参考:英語、大したことないけど、どうせやるなら、とっととちゃんとやろうぜ(茂木 健一郎)

ここで提示する英語を独学で勉強する3ヶ月のスケジュールと英語勉強法3つのステップは、決して楽な道のりではありませんが、間違いなく最短ルートです!

やる気のある方以外は難しいと思いますので、そういう方はご遠慮ください〜。

「勉強」と「学習」の違い

余談ですがご存知でしょうか、「勉強」と「学習」の違い。「勉強」は「強いて勉める」と書きます。「学習」は「学び習う」と書きます。つまり前者は強制的にやらされるイメージで、後者は自らの意思で取り組むイメージですね。

初めの基礎作りは「勉強」が必要ですので、英語学習でもまずは以下に書かれていることを「強いて勉めて」みてください!


独学で英語をマスターする3ヶ月の勉強スケジュール

スケジュール

それでは次に具体的な勉強のスケジュールですが、上記の表を見てみてください。
赤字が単語、緑がリスニングとスピーキング、青がリーディングです。

英語学習に科学的根拠を。『科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!』のページでもお伝えしているのですが、「読む」「聞く」「書く」「話す」の四つのスキルがありますが、3ヶ月スケジュールでまずは「読む力」と「聞く力」(+話す力の基礎)を上げる練習に励みます。

STEP1. 「読む力」の基礎を身につける。短期集中単語だらけの毎日! ほかのことはするな!

まずは3週間で単語を詰め込みます。ここをだらだらとやってしまうと、どんどん英語に対して嫌気が感じてしまうのです。無茶なスケジュールを立ててはいませんのでご安心ください☆

絶対に買って欲しいオススメ英単語教材はこちらから

STEP2. 「聞く力」と「話す力」の基礎を身につけて英語力全体が向上!聞きながら口に出す3つの練習法

次に画像の緑部分。1ヶ月半かけてインプットしながら声に出してアウトプットする練習です。「聞く」力と、「話す」ことの基礎を身につけますので英会話向上に繋がります!

聞きながら口に出すことで、リスニング力も向上し、「書く力」の基本的能力も向上しますので英語力全体が向上することになります!詳しくは後述します。

リスニング・スピーキング学習法はこちらから

STEP3.リーディング:「読む力」を伸ばす!日本語で理解するな!英語を英語のまま理解する

次に画像の青部分。英語をたくさん読んで、英語を英語のまま理解する練習です。大事なのは難しいものをやるのではなく、今のあなたのレベルより下の簡単な文章で練習すること。簡単な洋書を読むなどして「読む力」の能力を上げていきます。

リーディング学習についてはこちらから

独学でもこの3ステップ勉強法を繰り返すことで、TOEICなんかはすぐに700点越えるようになると思います。アウトプットの時間が多いので、初心者の方でも、英会話もかなり上達することに気づくと思いますよ!

STEP1.「読む力」の基礎を身につける。短期集中単語だらけの毎日! ほかのことはするな!

ff6338e941a9dd5e79684677cc4ebdf8_s

「聞くだけで話せるようになる」なんていう言葉は、子供だけに通じるもので大人には絶対に無理です。大事なのは単語です。

単語が分からなければ、聞いてもそもそも何言っているか分からないからです。

この時期は、リスニング教材や映画なんて見ずにひたすら単語を覚えてください。ダラダラやらずに一気に短期間で覚えます。毎日毎日英単語の勉強をするのは苦痛ですが、短期間だと思えば、頑張れますよね!

「そんなこと知ってるよ!でも途中で挫折しちゃう!」という方、きちんとした教材とやり方を学んでいないのではないですか?

英単語学習はスピード命!始める前に知って欲しい4つのコト

から。


STEP2.「聞く力」と「話す力」の基礎を身につけて英語力全体が向上!聞きながら口に出す3つの練習法

0061f2fba0179f89fb1e06435fd69c79_s

単語を覚えたら、リスニングとスピーキングに慣れていきます。奇麗な文法の奇麗な発音を聴きながら真似して口に出す方法なので、全体的な英語力向上が期待できます

3つの方法をご紹介します。

①音読

音読とは文字を声に出して読むことです。そうすることで口が慣れていきます。

初心者の独学英語勉強法ではやりやすく、効果が高いのでオススメです。音声付きの教材でしっかりとお手本を聞いてからテキストで文字を追いつつ練習しましょう。

初心者には絶対にやってほしい「音読」とは

②カランメソッド

カランメソッドとは、2人1組になって、片方が質問し、片方がそれに答える、ということを数回繰り返すことで、体得していく学習方法です。

基本は2人1組でやるものですが、工夫すれば独学でも大丈夫です。学んでいくと初心者の方でも英会話がみるみるうちに上達していきます!

4倍速で英語をマスター出来る「カランメソッド」とは

③シャドーイング

シャドーイングとは、音声を聞きながらそのまま復唱する練習法です。ネイティブの言い方をそのまま真似するので、口が慣れていきますし、自然と文法や意味なども理解できるようになります。

しかし、初心者には少し難しいと思いますので、上記2つをやってみて、慣れてきたらシャドーイングに取り組んでみると良いでしょう。

ネイティブに近づく学習法「シャドーイング」とは

STEP1. からSTEP2だけを繰り返すことで、旅先で出会った外国人とそれなりの英会話を楽しむことが出来るようになりますよ!

リスニング&スピーキングの具体的な学習法はこちらから。




STEP3.「読む力」を伸ばす!日本語で理解するな!英語を英語のまま理解する

f85f9a7e5e0485678a14133184ad6a68_s

「多読」とは、とにかくたくさん読んで、英語を英語のまま理解していく練習です。

「英語を日本語にしないと理解できない」という悩みは、「日本語に直すまでもなく簡単に理解できる英語」にたくさん触れることでしか解決しません。難しいものをやるのではなく、今あなたが出来る簡単な文章を選ぶことで、英語を英語のまま理解する感覚を身につけてください。

長文を単語から文法、構造まで隅から隅まで調べ尽くし、「完璧」な状態にすることを「精読」と言います。これをずっとやっていると、なかなか「英語を日本語にしないと理解できない」というところから抜け出せないのです。

英語を英語のまま理解するリーディング学習法「多読」

しつこいようですが、3ヶ月のスケジュールです↓

スケジュール

参考までに、3ヶ月のトレーニングを終えたあとの上級編3ステップはこちらから。

英語って、どこから勉強していいか分からない。。

ace2a700655df5fd69a33b1f34ed01a4_s

独学で他の言語を学習するのは最初は楽しいですが、つらいことの方が多くなったりしますよね。つらい時期を越えると、また楽しくなって、またつらくなる…こういうことの繰り返しになると思います。

まずは始めのつらい時期を越えられるように、頑張ってください!!

独学で英語を勉強するあなたを応援しています!そして私も便乗します☆

まずは英単語を覚えるのに励んでくださいね!!!
(→初心者〜中級者のための英単語学習の方法はこちらから)

それではCANAAでしたー!

【初心者の方のための英語独学勉強法】
1)はじめに / 英語なんてさっさと終わらせよう!「学習順序」と「数字」にこだわれば独学でも英語をマスターできる
2)英語学習で苦労した私の経験と失敗からお伝え出来ること
3)英語のプロでもないのに何故他人に教える気になったのか
4)3ヶ月で英語マスターは正直きつい…! 初心者~中級向け独学英語勉強法3ステップ
5)ネイティブに近づく独学英語学習法!+3ステップで上級者へレベルアップ
独学で英語をマスターすることが難しい理由


関連ページ

↓もしよろしければ拡散していただけるととっても喜びます☆