be used to/ got used to /used toを学んで混乱を無くそう!

みなさんおはようございます、CANAAです!

今回は、

・used to
・be used to
・got used to
の、似てるようで全然異なる意味の言い回しを上手く身に付けよう!
という意図で書いてみようと思います。

この三つ、音はとっても似ていますが全然意味が違います。ちょっと混乱しがちですが、良く使いますので是非覚えてスムーズに口から出るようにしましょう☆
f33259305abbe2242f3e96d55c622ea6_s

used to

I used to smoke when I was in college.

=大学時代、タバコを吸っていた。(でも今は吸っていない)

これを説明的に書くと例えば、
In college days, I had very bad habit of smoking. But now I realize that is very bad for health, so I quit smoking. So in the present, I don’t smoke.)
(大学時代、タバコを吸う悪い習慣があった。でも健康に悪いと分かったのでタバコをやめた。だから今はタバコは吸わない。)
となります。

このように、used to は、過去の習慣を表しています。



be used to, got used to

例えば、コーヒーの話にしましょう。

I’m not used to having black coffee.
(ブラックコーヒーを飲むのには慣れていない。)

ブラックが苦手でミルクと砂糖を入れる人も多いかもしれません。しかし、カフェなどでたまにブラックコーヒーを飲んでみて、だんだんブラックの味に慣れてきました(←昔のわたし)。

I was getting used to having black coffee.
(ブラックコーヒーを飲むのに慣れてきた。)

しばらくしたら、もうそれほどミルク入りでもブラックでもこだわりがなくなってきました。

I got used to having black coffee.
(ブラックコーヒーを飲むのに慣れた。)

最近、ミルク入りよりもブラックの方が好きになって、毎朝ブラックコーヒーを飲むようになりました。

I am used to having black coffee.
(ブラックコーヒーを飲むのに慣れている。)

となります。

この例文で、英語で「慣れる」をどのように表せばいいのかが分かってもらえたでしょうか。そして、「be used to」と「get used to」を使う時には、どんな語順になるのかも分かりますね。
「used to」の後に動名詞の「ing」か「名詞」を置きます

名詞の場合は、

主語 + be/get + used to + 名詞句

I’m used to the Metro in Tokyo.
私は東京の地下鉄に慣れている。

など。

最後に

でも、こういうフレーズを言うときって、お互い「状況」がわかっていることが多いものです。 会話の中で使う場合、省略しても流れで意味が伝わります

 No worries, I’m used to it .
 そういうシチュエーション慣れているから大丈夫ー。

 I guess I got used to it.
 いつものことだから慣れちゃったよ

 I used to, but not any more.
昔はやっていたよ

むっちゃ使える表現です☆

それではまた!CANAAでした☆



関連ページ

Did you want…? の表現 過去のことを聞いてるんじゃないって知ってた?

Do you have the time?と Do you have time?の違い

Can you speak English? は失礼か|Can you〜の使い方を学ぼう

 

お役に立てたでしょうか?良かったら拡散いただけると励みになります☆